photo of books
SAT大正新脩大藏經テキストデータベース

智慧の宝庫、『大正新脩大藏經』の
第1巻から第85巻までの全テキストをデータベース化

SAT大正新脩大藏經テキストデータベース2012版 (SAT 2012) [NEW!]

SAT大正新脩大藏經テキストデータベース2007版 (SAT 2007)

大蔵経テキストデータベース委員会は、『大正新脩大蔵経』出版元の大蔵出版株式会社からの全 面的な信任を得て、本データの作成と公開を行っています。

SAT大正新脩大藏經テキストデータベース2012版(SAT 2012)について

SAT大藏經テキストデータベース2012版(SAT 2012)は、デジタル媒体の時代にあわせた大正新脩大藏經の利便性の向上をめざし、学術情報の集積と閲覧の方法について、当研究会による現時点までの研究の成果を可能なかぎり反映させたものとなっています。その主要な柱は、(1)典拠についての信頼性の確保、(2)研究者による持続可能なコラボレーションシステムの構築、(3)個々の独立性を尊重した研究プロジェクト間の連携の実現、そして、(4)これら諸機能を統合的に利用しうるインターフェイスの提供、の4つです。以下に説明しますように、いずれも現在、世界で進められている人文情報学(Digital Humanities)の最先端の研究事例の一つとして諸学会で発表して評価を得たものであり、学術的に高い信頼性に裏づけられています。これらの事業は、(5)に示すとおり、国内外の諸学術団体、公益法人等と共同しつつ、国内外の研究者、大学院生の力を結集して進められています。

(1) 典拠についての信頼性の確保

仏教学において、『大正新脩大藏經』は出版以来、研究の国際標準典拠として国内外で広く用いられてきています。それは近代人文学にふさわしい形態を有し、研究成果の共有にとって必須の前提となる「位置情報」を提供しつづけることによって、研究の場全体を支える役割を果たしてきました。媒体が書物からデジタルへと転換するとき、研究の継続性維持のため、この位置情報を確保することは重要な課題となります。SATは書物における位置情報とデジタル媒体での位置情報を照合可能なかたちでアクセスできるようにしています。 さらに特筆すべき内容として、SAT 2012では、頁画像そのものも公開し、拡大表示によって文字の細部まで確認できるようにいたしました。一例として、以下の形式のURLによって当該箇所に直接アクセスすることができます。
http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT2012/T1564_,30,0001b10.html
現在、この機能を用いて、テクストそのものにかんしても、大正新脩大藏經の本文をより正確に反映できるよう、多くの若手研究者の協力により、現在も校正を重ねています。今後は、「大正新脩大藏經」がかかえた諸問題を解決し、こんにちまでの仏教学の研究成果を反映させた、より信頼性の高い典拠をデジタル媒体上で提供してゆく予定です。[関連研究発表一覧]

(2) 研究者による持続可能なコラボレーションシステムの構築

仏教学のみならず人文学一般において、研究の基盤となるさまざまな情報や成果の共同の場における蓄積は、きわめて重要なテーマです。近年では、インターネット、とくにWebを介したコラボレーションによって、これが飛躍的に実現可能となり、世界中のさまざまな分野で研究、実践が展開されています。こうした趨勢を先取りし、SATでは、Webコラボレーションを通じ、仏教研究の基礎資料そのものをデジタル媒体上に共同で構築することを目指しています。現在、その一環として、大正新脩大藏經本文の校正およびBDK(仏教伝道協会)英訳大蔵経と大正新脩大藏經の文章単位での照合を実施しています。このシステムは、仏教学全体に応用可能であり、一部のテクストに関しては、サンスクリット、チベット語訳等との照合もすでに試行しており、近いうちに公開することを目指しております。[関連研究発表一覧]

(3) 個々の独立性を尊重した研究プロジェクト間の連携の実現

近年、インド学あるいは仏教学において、世界中でさまざまなデジタル化プロジェクトが展開されています。利用者としてはそれらを統合的に扱えることが望ましいことですが、それぞれのプロジェクトは、それぞれに個別の歴史をかかえて固有な形態で遂行されており、その相違を超えて統合的に利用するには、さまざまな技術的困難をともないます。SATはこの問題の解決をめざし、個々のプロジェクトの独立性を保ちつつ、利用者としてある程度統合的に利用できる形態を実現しました。SAT 2012では、辞書プロジェクトとしてDigital Dictionary of Buddhism、書誌情報データベースとして、INBUDS, SARDS, CiNii、文字情報として、Chise、Chise Linkmap, HMS, Unihan databaseを提供しております。この連携機能の対象は今後さらに増やしていく予定です。[関連研究発表一覧]

(4) 諸機能を統合的に利用しうるインターフェイスの提供

SATでは、上述のさまざまな機能をWebブラウザ上で統合的に利用できるインターフェイスの提供を目指しています。SAT 2012では、「本文(および大正新脩大藏經の脚注)」「検索機能」「他のデータとの連係」という分類を設け、利用に不便のないかたちにしています。検索機能は、絞り込み機能の使いやすさや、検索結果のKWIC(Keyword in Context)表示といった点を改善しました。なお、具体的な機能と操作方法については「使い方」をご覧ください。[関連研究発表一覧]

(5) SAT 2012 推進協力団体および協力者名

SAT 2012 推進協力団体および協力者名については こちらをご覧ください。

(6) SAT 2012 に関連する研究発表

SAT 2012 の開発に関連して行われてきた主な研究発表は以下のとおりです。

SAT 2012 の開発全般に関連する研究発表
「(1) 典拠についての信頼性の確保」に関連する研究発表
「(2) 研究者による持続可能なコラボレーションシステムの構築」に関連する研究発表
「(3) 個々の独立性を尊重した研究プロジェクト間の連携の実現」に関連する研究発表
「(4) 諸機能を統合的に利用しうるインターフェイスの提供」に関連する研究発表