sg2dh のバックアップの現在との差分(No.1) - 次世代人文学開発センター 萌芽部門 データベース拠点・大蔵経DB
Top > sg2dh

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**A SHORT GUIDE TO THE DIGITAL_HUMANITIES [#ja88a356]
**「デジタル・ヒューマニティーズ入門」(日本語訳) [#t490bcd6]

http://jeffreyschnapp.com/wp-content/uploads/2013/01/D_H_ShortGuide.pdf
http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/dhc/sg2dh.pdf

**『デジタル・ヒューマニティーズ入門』日本語訳 [#t490bcd6]

http://www.dhii.jp/nagasaki/sg2dh.pdf

 この日本語訳は、東京大学大学院人文社会系研究科2012年度「人文情報学概論」(下田正弘・A. Charles Muller・永崎研宣担当)の一環として行われたものです。米国で広まりつつあるDigital Humanitiesの興味深い一面をあらわすものとして、必ずしも正確な訳ではないかもしれませんが、ここに公開することにいたしました。日本語訳参加者は以下の通りです。

中川 友喜/ 長野 壮一/ 柏 達己/ 原木 万紀子/ 鈴木 親彦/ 王 一凡

 なお、この日本語訳になった元のエッセイは、MIT pressより出版されたDigital_Humanities, by Anne Burdick, Johann Drucker, Peter Lunenfeld, Todd Presner, Jeffrey Schnapp, MIT Press, 2012の一部であり、Creative Commons 3.0 Attribution- NonComercial-ShareAlike licenseで配布されているものです。したがって、この日本語訳もこれに準じます。(http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/3.0/)
 なお、この日本語訳の元のエッセイ[[A Short Guide to the Digital_Humanities:http://jeffreyschnapp.com/wp-content/uploads/2013/01/D_H_ShortGuide.pdf]]は、MIT pressより出版されたDigital_Humanities, by Anne Burdick, Johanna Drucker, Peter Lunenfeld, Todd Presner, Jeffrey Schnapp, MIT Press, 2012の一部であり、Creative Commons 3.0 Attribution- NonComercial-ShareAlike licenseで配布されているものです。したがって、この日本語訳もこれに準じます。(http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/3.0/)